2009年12月25日

12/23 スーパーニュースANCHOR



首相として前代未聞の「3つの問題」(9:50〜)
1.脱税を実質的に認め、上申書を提出
2.天皇陛下をめぐるトラブル
3.同盟国のアメリカから嘘つきと思われている

1.についてだが、日本が法治国家であれば鳩山総理大臣は辞任しなければならない。
『代表者(鳩山由紀夫)が会計責任者の監督などを怠れば罰金』(政治資金規正法25条)
 ↓
『代表者が罰金刑なら被選挙権がなくなる(投票も立候補も不可)』(政治資金規正法28条)
 ↓
『被選挙権を失うと議員辞職』(国会法109条)
 ↓
『総理大臣は国会議員から指名する』(憲法67条)
これを放置している検察もおかしい、と青山繁晴氏は指摘する。

在日特権といい、日本は法治国家ではないのだ。仮に法治国家としてもそれは日本人ではなく、韓国・中国人のための国家だというのが真実。
日本は日本人の国だと、まだ思っている貴方、民主党に政権を取らせた時点で、もう日本は終わったんですよ。でも仕方ないですよね。それが過半数の国民の意思だったのですから。
何も決められない、前言を翻して耳あたりの良いきれいごとばかりで、現実認識皆無な頭お花畑の鳩山総理、『だから宇宙人だというのは間違いであって、八方美人、どことも仲良くするのが正しいんだっていう、敗戦後64年間が生み出した個性である』(青山氏)、まさに戦後日本人の集大成であり、過半数の国民が彼を選んだのも当然と言えば当然、でも、もういい加減、自虐史観で誇りを失い、享楽的に利益ばかり追いかけ、他国の顔色ばかり卑屈に窺う腐った日本人はもう止めませんか?

手始めに、辞任を求める国民の声を官邸に届けませんか?
(住所・氏名・メールアドレス等の記載不要)
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html


posted by 三森羊一 at 23:00 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。