2009年12月14日

12/14 小沢一郎の記者会見


『30日ルールって誰が作ったの?』(3:10〜)
30日ルールは、「鳩山由紀夫」代表幹事を擁する、さきがけと自民党と社会党が1995年に作成した。つまり、現総理大臣が作った。

『どういう風に書いてある? 憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。そうでしょ? 天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。ね?』(3:38〜)
天皇陛下の国事行為は「内閣の助言と承認」を必要とするが、国賓や公賓の接待や謁見は憲法に定められた「国事行為」ではない。

第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
1.憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
2.国会を召集すること。
3.衆議院を解散すること。
4.国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5.国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
6.大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
7.栄典を授与すること。
8.批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9.外国の大使及び公使を接受すること。
10.儀式を行ふこと。

最後に・・・外国人参政権(12:38〜)は明確な憲法違反(=憲法を変えないと実現できない)。


posted by 三森羊一 at 21:24 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。