2010年05月29日

頼れる政党”自民党”による口蹄疫対策特別措置法



宮崎県で発生している口蹄疫への対応と対策にもっとも精力的に取り組んでいるのが自民党だということは、マスコミではまったく報じられていないが、動画サイトで口蹄疫に関連する国会質疑や自民党の記者会見映像をご覧になった方には既にお分かりのことだと思う。

特に頑張っておられるのが宮崎県在住の江藤拓議員で、氏のブログで触れられていた特別措置法が成立した。民主党や公明党でも法案を検討していたという話はあるが、法案を提出したのは(マスコミは報道しないが)自民党だ。

さて、ニュースではこの措置法のポイントを「感染していない家畜を国の判断で強制殺処分可能」「農家の損失補填」等と報道しているが、前者については強い違和感を感じていた。農家の悲惨な実態と彼らの気持ちに真正面から向き合ってきた自民党が簡単に強制処分を可能にさせるはずがないからだ。

そう思っていたら、ニコニコ動画の自民党チャンネルでポイント解説動画が公開された。案の定、ニュース報道とはかなりニュアンスが異なっている。

1.消毒の義務化
 ・指定地域において一般車両も消毒。ただし、罰則はなし。
2.患畜・疑似患畜の埋却支援
 ・家畜所有者の責任ではなく、国や県が用地確保や作業従事者の派遣(自衛隊も含む)など必要な措置を取る。
3.予防的殺処分(患畜・疑似患畜以外)
 1)蔓延防止でやむを得ない場合、知事は所有者に殺処分を勧告できる。
 2)勧告に従わない場合(やむを得ず)知事は家畜防疫員に殺処分させることができる。
4.農水大臣の知事に対する指示
 ・知事が消毒・埋却・殺処分について大臣の勧告・指示に従わない場合、大臣「自ら」措置を実施できる。
 ・ワクチン注射は、注射を用いなければ蔓延を防止できないと認めるときに限る。
5.その他の蔓延防止策
 ・焼却、埋却はできる限りと殺された場所に近い場所で行う。
 ・知事は必要な場合、催し物の開催の停止や制限の要請ができる。
 ・患畜の判定の迅速化。猪や鹿など野生動物の監視について規定。
 ・蔓延防止策を講ずるに当たっては、できる限り関係者の意向を十分に尊重すること。
6.国による実質的な全額補償
 ・牛豚所有者に対する手当金等について、所得税、法人税の非課税措置(豚では初めて)
7.生産者等の経営及び生活の再建
 ・地域再生のための基金を設置する。

平成24年3月31日までの2年間の時限立法で、予備費から1000億円を確保(おそらく不足するだろうが、まずは第一弾として)と、極めて現実的な法律である。これを一週間で纏め上げるのだから、自民党が如何に危機対応および法案作成能力に秀れているか、誰の目にも明らかである。

それをきちんと報道しないマスコミを盲目的に信じていたら、この国の行き先を誤ってしまうことを、一人でも多くの方に知っていただきたいと思う。

参考:口蹄疫特別措置法のポイント(江藤拓議員のHPより)
http://www.face.ne.jp/etohtaku/kouteiekit_.pdf
posted by 三森羊一 at 02:39 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

三橋貴明講演会in神戸

今日は神戸で今夏参院選に自民党から出馬予定の三橋貴明氏の講演会と街頭演説と懇親会があった。

三橋貴明氏は3年前まで普通のサラリーマン(中小企業診断士)だったが、巨大掲示板2chにおいてデータに基づく確かな経済分析で名を馳せ、その後多数の著書を発表。そして、何の後ろ盾もないのに自民党の公認を得た実力派だ。

詳しくは、氏のブログや後援会ホームページを参照いただくとして、本日の講演会のテーマは『マスコミにだまされてはいけない! 日本経済の真の実力』と題して、日本経済の希望を語られた。

昨今、いや、昔から『日本経済は財政赤字で破綻する』というのが政府やマスコミの主張であるが、現在の不況はデフレギャップ、すなわち需要が供給を下回っていることが問題なのであって、これを脱するには需要を喚起する施策を打たなければならない。すなわち、マスコミや民主党が主張する緊縮財政ではなく(これは供給も需要も下げてしまう)、経済成長を図るということだ。

具体的には、文明フェイズの転換、つまり、産業革命後のイギリスの石炭文明、約100年前に起きたアメリカのモータリゼーション(自動車社会)の発達に伴う石油文明の次を目指す。それは『電力文明』だ。自動車をガソリン車から100%電気自動車にすることで、巨大な消費のパイが国内に生じる。大元の電力供給は原子力に拘らず、ベストミックスで行なう。

実は、日本周辺にはエネルギーとして実用化可能なメタンハイドレードが豊富に存在しているし、黒潮で運ばれてくるウランも現存の原子力発電を十分にまかなえる量がある。要は、政府が将来のエネルギーを輸入に頼らずこれらを活用することを決断すれば、日本はエネルギー輸出国にさえなれるのである。

また、電気自動車に通信機能を持たせ、全国の道路にその通信網を埋設すれば、自動車車間距離の自動制御や、緊急車両の通行コントロールも可能になり、交通事故ゼロ社会も夢ではない。本当に実現可能なのだ。

以上が講演会の主な内容であるが、三橋氏の政策は「デフレ解消!」「日本のインフラが危ない!」「日本の国の形を護る!」である。今日は主に1番目、間接的に2番目の話であったわけだが、3番目には触れられなかった。

街頭演説後の懇親会でその点を三橋氏に訊ねたところ、予想どおり「アブナイから」ということであった。実際、講演会でも街頭演説でも身辺警護と思しき、一般人と明らかに雰囲気の異なる方がいらしたので、そうではないかと思っていた。現実は甘くない。希望の道は確かにあるのだが、それを妨害しようとする闇の勢力は確実にこの日本に存在している。

しかしながら三橋氏をパイオニアとして後に続く「日本が大好き」で「日本を良くする」勢力は、今後ますます拡大していくだろう。いま、自分にできることは、そういう方達も確実に存在しているという希望を微力ながらこうして伝えることだ。

おそらく戦いは10〜20年以上続くだろう。いつの時代でも100%理想の政治は無い。それに少しでも近いものを現出させるためには、国民自身が「自分こそが政治の主役であり、構成員だ」という意識を持てる環境をつくりあげる必要がある。まずはネット、そして次はマスコミだ。

絶望は死に至る病、希望こそが前進するエネルギーなのだと思う。
posted by 三森羊一 at 23:45 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

マスコミが報道しない宮崎県の口蹄疫

4月20日に”『報道しないこと』 これがマスコミ最強の力だよ”と呟いたが、今まさにそれを地で行く事態が進行中だ。
まずは口蹄疫そのものについての正確な情報。

1.偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病。

2.感染力が極めて強いため、患畜が確認され次第、その牧場の牛や養豚場の豚はすべて殺処分される。蔓延した場合、畜産業界への影響は極めて甚大。

3.人間への感染は極めて稀(まず心配ない)。発症してもほとんど軽症で済む。万が一、感染した肉を食べても胃酸でウィルスは死滅する。
ただし、キャリアー(運搬者)には成り得るので、感染地域への人や車の出入りには徹底的な消毒が必要。

今回の宮崎県では、4/20に牛で、4/28に豚で感染が確認、5/9現在では牛と豚の殺処分は6万頭を超えた。処分数そのものは、各新聞社などのWEBや、ベタ記事で小さく報じられているが、TVでは上海万博やGWイベントや普天間問題などが優先され、地元の宮崎県以外ではまったくといってよいほど状況が報じられていない。

だが問題は殺処分数ではなく、それが何故増え続けているかという、その点だ。実は、今回の口蹄疫の感染拡大は、政府の無為無対応による『人災』としか言いようがないのだが、その事実をマスコミは全く報道していない。

4/20からの経過の纏め(2chより。これらはすべてソースあり)
---------------------------------------------------------------
4/20 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認。日本産牛肉輸出全面停止
   政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部設置
   赤松農水相、宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける
4/21 政府から指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬は現地の組合が用意したが不足
4/22 農水副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」
4/25 殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多
4/27 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請
4/28 国内初の「豚」への感染疑いを確認
   自民党口蹄疫対策本部長の谷垣総裁、現場視察
4/29 農水副大臣が宮崎県出張。現場には入らず生産者への面会もなし。
   27日に知事が上京した時にした話を再び聞く
4/30 自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目の対策要請を申し入れ
   対応を予定していた総理・農水相は当日になってドタキャン。
   赤松農水相は夕刻に南米へ外遊
   自民党、政府に6日7日の委員会開会を要求。政府は拒否
   民主仕分け組、口蹄疫により被害を受けた畜産農家に融資を行う中央畜産会を仕分け
   移動・搬出制限区域を宮崎・鹿児島・熊本・大分の4県に拡大
   自民党口蹄疫対策本部記者会見
  「10年前の感染の際はただちに100億の予算が確保され対策がなされた」
  「ところがこの段階になっても国から宮崎県には一箱も消毒薬が支給されていない」
  「この状況で農水大臣が外遊するとは自民政権時代からすれば前代未聞」
  「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、まったくの誤報」

5/1 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。
   総理、熊本県水俣慰霊式に出席。イグサ農家を視察、サインをせがまれて「い草と畳で友愛」。宮崎はスルー
5/3 感染17例目確認 殺処分9000頭突破
5/4 感染19例目確認 殺処分27000頭突破
   総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎はスルー。舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張
5/5 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認、感染23例、殺処分34000頭に
5/6 感染35例目確認、殺処分10000頭増加
   ウイルスが韓国や香港のウイルスと近縁であることを確認
   熊本県の家畜市場で5月の競り市中止決定。約18億円分の取引停止。
   福島みずほが農相臨時代理だったことが確認される
5/7 小沢幹事長、宮崎県訪問。『選挙協力要請』のため東国原知事と会談。
   約20分の会談で東国原知事は小沢幹事長に農家の損失の全額補償など9項目の要望書を提出
   中村県議会議長(自民党)は出席を拒否される
   小沢「口蹄疫対策は県の課題」
   平野官房長官が関係閣僚に対策指示、自衛隊の追加派遣も検討
   感染43例目確認、殺処分59000頭に
   JA全農おおいた、5月の家畜市場の開催を中止
5/8 赤松農水相帰国、栃木県佐野市で富岡よしただの後援会に出席
   司会者「『後援会の為に』便を早めて帰国後直接ここ(佐野)に来てくださいました」
5/9 舟山政務官帰国予定
   東国原知事「報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。」
5/10 赤松農水相、口蹄疫の防疫対応等を把握するため宮崎県へ出張予定。秋田県への出張は延期。ただし現場には入らず、7日に小沢幹事長が聞いた話を再び聞く予定。
---------------------------------------------------------------

いかがだろうか。与党の民主党よりも野党の自民党の方がいち早く総裁自ら現場入りするなど、この危機に対する認識の深さがうかがえる。

国からの支援が無いため、宮崎県はほとんど自前で対応せざるを得ず、資金も人も限界状態に来ているのが実情だ。
畜産農家の方達にとっては、手塩にかけて育ててきた牛や豚を自ら殺さねばならず、その死体を消毒薬と一緒に地元で埋めなければならない。収入の道は閉ざされ、収束の希望が見えない状況で疲労だけが累積していく、まさに地獄のような状況だ。
近隣の県でも競りが中止され、経済的損失は宮崎県に留まるものではない。

10年前の口蹄疫は感染力が低いタイプということも幸いしたが、何よりも国(自民党)の初動が早く、740等の殺処分と35億円の資金で済んだ。今回の被害は検討もつかない。もし、宮崎県での封じ込めが失敗して全国に拡散したら、畜産業は文字どおり全滅(すでに和牛の輸出は禁止)、日本人も検疫上問題ありとなって渡航制限されてしまう。

口蹄疫はそれほどの疫病であり、確かに普天間も大切なのだが、一人でも多くの方に事実を知っていただいて、政府への対応要望の声を上げて欲しい。
posted by 三森羊一 at 19:41 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。