2009年12月20日

12/20 たかじんのそこまで言って委員会

〜日本再生会議〜 『保守』を徹底討論!
ゲスト:元内閣総理大臣 安倍晋三氏、ジャーナリスト 櫻井よし子

「保守再生会議」 1 of 4 (19:52)
政権交代を選んだのは「国民」、行き過ぎた左傾化には保守再生?
民意は国の事は考えない
国家の基本は「外交力」と「軍事力」(自国は自ら護る)
真の保守は「国家のために死ねる」、その覚悟を持つ

「天皇陛下の政治利用」 2 of 4 (18:53)
国内外の諸問題、保守派に頑張って欲しいこと
小沢・鳩山による天皇陛下の政治利用問題
権威としての「皇室」・権力としての「政府」が日本の基本
保守は伝統を尊重するが、リベラルや社会主義は尊敬しない(理性至上主義)

「日米関係」 3 of 4 (19:38)
対馬では韓国(竹島占領、日本海=>東海呼称問題)、与那国島では中国の脅威が進行中という「現実」
外国人参政権問題(在日永住韓国人が要求、地方から国政へ)
「民主党政権」は「社会主義政権」、北朝鮮拉致解決の三原則も二原則へ(実行犯引渡しを破棄)

「貴方が守りたいもの」 4 of 4 (13:49)
安倍晋三『日本の誇り』、櫻井よし子『自立する勇気』


posted by 三森羊一 at 17:53 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

12/18 自由民主党街頭演説会(東京・丸の内)

〜普天間基地移設問題について訴える〜 寒い中、ご苦労様でした
司会・進行:小泉進次郎 遊説局長代理(新人とは思えないほど見事!)
菅原一秀 遊説局長 『来年は政権奪還』(5:55〜)
佐藤正久 国防部会長 『現場と痛みを共感、イラクと沖縄』(ヒゲの隊長、14:50〜)


石破茂政務調査会長 問題先送りの鳩山総理:「誰にでも良い顔をしたいというのは国の利益にかなうものではない。日本のためを思うのであれば、自らが苦しい決断をするのが一国の指導者」


谷垣禎一総裁 鳩山内閣:「来年度予算で内閣が迷走していると、小沢幹事長が出てきて決めようとする。小沢独裁の姿がハッキリ見えた」、子供手当て:「子供の教育に政治が前面に出て社会が育てようとすると莫大な財源が必要になる。家庭が自助精神で教育することが重要だ」
posted by 三森羊一 at 14:40 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

12/14 スーパーニュースANCHOR


12/14の小沢一郎会見前の関西テレビ「スーパーニュースANCHOR」
『もし本当に、仰るとおり、いろんな意味での政治利用にですね、使おうと、そんな、たかが一政党の一幹事長ごときがですよ、勝手にそんなところに手を突っ込んで暗躍してたんだとしたらですけど、これは大変な問題ですよね』(7:29〜)という山本浩之キャスターの怒りはもっともだと思うのだが、在京マスコミはほとんどが小沢擁護、宮内庁批判だという。
なお、小沢会見を受けての12/15の山本氏のコメントに期待が集まっていたが、身内のご不幸により2日間お休みとのこと。
posted by 三森羊一 at 01:21 | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。